イオン導入はニキビ跡に効果的?

イオン導入はニキビ跡に効果的?

ビタミンCがニキビ跡に効果があるというの当サイトでも再三お伝えしているとおりですが、 このビタミンCの効果をより実感する方法としてイオン導入があります。


イオン導入というのは微弱な電流を利用して一時的に肌のバリア機能を弱めることで有効成分を肌の奥まで浸透させるクリニックではおなじみの美容技術のことです。 (※ピーリングをしてからおこなうと吸収率が高まるのでセットになっていることが多い)


実際、このイオン導入というのはニキビ跡の治療を目的にクリニックへいくと真っ先に提案される治療になります。 それだけ確かな効果があるわけですが、イオン導入自体は家庭用のイオン導入器を使えば自宅でも行うことができます。


ただ、自宅で家庭用イオン導入器を使うほうがクリニックへ行くよりも安上がりですし、楽なのは間違いないですが、 家庭用のおもちゃのようなイオン導入器ではやっぱり効果には限界があるというのは覚えておいたほうがいいです。


イオン導入器としての性能はもちろん、肌に塗布するビタミンCの濃度の高さもあって自宅でのスキンケアではどうにもならないニキビ跡の赤みや黒ずみもきれいになる可能性がクリニックでのイオン導入にはあります。


ただ、保険適応外ということで高額になる治療費と通院する時間と労力、美容外科や美容皮膚科に行くという心理的抵抗感などクリアしなければいけないことがいろいろとあります。

ビタミンC誘導体のイオン導入と高濃度ビタミンC美容液の浸透力を比べると...?

ビタミンC誘導体のイオン導入と高濃度ビタミンC美容液の浸透力を比べると...? クリニックでビタミンC誘導体をイオン導入させるのと高濃度ビタミンC美容液を使った場合、 どちらが効果を実感できるのか?というと当然イオン導入のほうでしょう。


理由は簡単で、クリニックは医療行為として結果をださないといけないわけですから、一番効果のあるものを使っているはずで、 そんなクリニックが行っているのがイオン導入だからです。


ただ、イオン導入には電流の刺激が気になったり、肌に赤みが出たりする人もいますし、そもそも毎日行うことはできません。


そう考えるとニキビ跡のケアにビタミンCを利用しようと思ったら、 普段のスキンケアは高濃度ビタミンC美容液を使い、月1回のスペシャルケアにクリニックでのイオン導入という組み合わせがベストなのではないかと思います。


どちらがいいかというよりは良いものは両方取り入れるというのがいいでしょうね。


クリニックでもわざわざイオン導入をして浸透を高めることでもわかるようにビタミンCの効果を実感するには浸透力がカギを握ります。 普段のスキンケアでビタミンC美容液を使う場合も浸透力に注目して選ぶことが大切なのはいうまでもなりません。


高濃度ビタミンC美容液の選び方  詳しくはコチラ
Copyright © 2014 赤いニキビ跡を早く消すためのビタミンC美容液選びのコツ· All Rights Reserved·