黒いニキビ跡の正体は何?

黒いニキビ跡の正体は何?

炎症を起こしたニキビが治った後、黒いシミのような跡が残ることがあります。 これも赤みとならんでよくあるニキビ跡になります。


この黒いニキビ跡ですが、毛穴に発生した活性酸素に対する肌の自衛反応として生成されたメラニンが沈着してしまったものです。 専門用語で「炎症性色素沈着」といいます。


炎症性色素沈着はシミの一種になりますが、紫外線によるシミと比べるとはるかに治りやすいです。というのも紫外線によるシミはUVによって 肌細胞が破壊されている可能性があるんですが、炎症性色素沈着は表皮にただメラニンが沈着しているだけだからです。


なので、黒いニキビ跡である炎症性色素沈着を早く治そうと思ったらメラニンを還元して淡色化する作用のあるビタミンCを使ってスキンケアするのが一番有効です。


気をつけないといけないのは炎症性色素沈着は時間が経つほど消えにくくなることです。また紫外線を浴びることで濃くなるのでケア中はUVケアはしっかり行う必要があります。 紫外線によるシミと違ってスキンケアでしっかり結果が出せるので根気よくビタミンCを使ってお手入れしてください。


ニキビ跡に使いたいビタミンC美容液<Best3> 詳しくはコチラ

炎症性色素沈着について

炎症性色素沈着について 肌にポツンとできる女性にとっては一番の悩みの種になるといっても過言ではないシミですが、これは紫外線が原因のシミ(=日光性黒子)で一番ポピュラーなものです。


これに対して炎症性色素沈着というのはニキビ跡や虫さされによる炎症の名残、あるいは乾燥肌やアトピーで肌がかゆくて掻いた摩擦によってできるシミ(黒ずみ)になります。


炎症性色素沈着はその名のとおり、肌内部で炎症が起こるとそれに対する肌の防衛反応としてメラニンが生成されることでできてしまうものです。


女性であれば毛抜きを使ってワキやすねのムダ毛処理をすると毛穴周りが炎症を起こして黒く跡になってしまったという経験がある方も多いと思いますが、それなんかは典型的な炎症性色素沈着といえます。


表皮にメラニンが沈着してしまっているだけなので、放置しておいてもターンオーバーの過程で排出されることもあるんですが、 日焼けなどをしてしまうと消えにくくなります。特に顔は紫外線が当たりやすいので注意が必要です。


メラニンということもあり美白成分入りの美白化粧品を使ってケアすると非常に早く結果ができます。美白成分はアルブチンでもコウジ酸でもなんでもいいんですが、 美白効果もあってほかにもさまざまな美肌作用があるビタミンCを使ってお手入れするほうが一石六鳥ぐらいの効果があるのでビタミンCを利用するのがおすすめといえます。


高濃度ビタミンC美容液の選び方  詳しくはコチラ
Copyright © 2014 赤いニキビ跡を早く消すためのビタミンC美容液選びのコツ· All Rights Reserved·